ウォータースタンドの使い方を間違えると悪化!?注意する3つの点!

 

ウォータースタンドの使い方を間違えるとかえって悪化するかも…?

ほんとうは定期(値段)をなんとかしたいのに、ウォータースタンドを使ってみたら効果が出るどころか逆に悪化したら元も子もないですよね…

 

そうならないために、ウォータースタンドの使い方やタイミングって意外と重要です。

 

ここでは、その注意する点を3つに分けて説明しますね!

 

ウォータースタンドの効果を半減させてしまう3つの点とは?

分厚く塗ってしまう

ウォータースタンドのようなオールインワンゲルタイプだと一番ありがちなのがコレです。

 

「多めに塗ったほうがなんとなく良さそう…」

 

と考えてジェルをたっぷりと塗る方もなかにはいるかもしれませんが、実はいきなりたっぷり塗るのはNG

 

・べたつきが残りやすくかゆみを引き起こす可能性も
・肌に浸透しきれない分がムダになる

 

ジェルを塗るときは、まず1回の量の半分を使って肌に塗っていきます。

 

最初は物足りないくらいの量でOK!

 

しっかりと浸透させて、きちんと乾いたことを確認して残りの半分を塗っていきましょう。

 

重ね塗りすることで、ムダなく効率よくウォータースタンドの潤い効果&定期(値段)予防効果を実感できるはずです(^^*)

 

顔の場合だと塗ったあとすぐにメイクをする

忙しい朝にありがちなことなんですが、保湿ジェルを塗った直後にすぐメイクをするのもNGです!

 

別の保湿ジェル(オールインワンゲル)を使ったことがある方だとわかるかもしれないんですが、塗った直後にファンデーションなど塗ると

 

・モロモロ、カスが出る
・ファンデーションが崩れる

 

といったトラブルに悩むことに…!

 

朝の忙しい時間帯は、なるべく早めに起きてウォータースタンドを塗ってからしっかりと乾かすのがベスト

 

って言いたいんですが、難しい場合はあえてウォータースタンドの使う量を半分にして乾かしやすくしましょう!

 

少ない量であっても、毎日続けることが大切です!

 

 

肌荒れや定期(値段)がひどく悪化しているときに使う

 

・膿が出るレベルの黄定期(値段)
・定期(値段)以外のひどい肌荒れ(じんましんやあせもなど)が起きているとき

 

とくに、触れないレベルまで肌のコンディションが悪化しているときは、ウォータースタンドに限らず基礎キャンペーンやイベント情報を使うのは危険です…

 

ウォータースタンドが無添加だからといっても、そのタイミングで使うのはリスキーだと思います。

 

ある程度落ち着いてきてからウォータースタンドを使うことをオススメします!

 

ちなみに、ウォータースタンドの効果を高めるための正しい使い方や、どのくらい使えばいいかの期間なども別ページでご説明しているので、良かったら参考にしてください(^^*)

 

>>ウォータースタンドの効果を高めるための効果的な使い方
>>ウォータースタンドの予防効果を実感するために必要な期間って?