ジッテプラスが背中に届かない!?塗りにくい場合は…

ジッテプラスが背中に届かない!?塗りにくい場合は…

 

身体が硬いと、背中にジェルを塗るのって大変ですよね…

 

ジッテプラスには残念ながら背中に塗るためのグッズは無くて、説明書を見ても手で塗る方法しか書かれていません!

 

無理に塗ろうとすれば肩を痛めてしまうかもしれませんし、できればラクラク塗りたいところ…

 

一番確実なのは、だれかに手伝ってもらうことですが…

 

そもそも背中ニキビをほかの方にあまり見られたくないですし、まさか毎回、親や友達に塗ってもらうってワケにもいかないですよね(^^:)

 

もしもあなたが背中ニキビにジッテプラスを塗りにくいと感じた場合は、以下の方法を試されてみてはいかがでしょうか!

 

その1.ひじを手で支える

道具を使わない場合は、両手を使っていくと多少は塗りやすくなります!
塗る側の腕のヒジを、もう片方の手で支えると動かす範囲が広がるので、すこしは塗りやすくなると思います。

 

ただ、勢いよく動かしたりすると肩を痛める可能性はあるので、あまり無理せずやったほうが良いです。

 

その2.スプーンを使って塗る

やっぱり道具を使うのが一番簡単ですね。
専用のグッズではなく、身近なものならスプーンがオススメです!

 

できれば大き目のスプーンで木製のもの(塗るとき冷たくない)が良いかと思います。
スプーンの裏側である膨らんでいる部分にジッテプラスをつけて塗っていきます。

 

その3.専用の道具を使って塗る

スプーンだと、長さが調節できないので使い勝手があまりよくありません…
もっとラクラクに背中に塗りたい場合は、専用の道具を使ってみてはいかがでしょうか!

 

軟こうぬりちゃん

 

セヌール

 

どちらも伸び縮みができるタイプですが、価格は軟こうぬりちゃんが1本で約1,000円、セヌールが1本で約300円なので、コスパを考えるとセヌールのほうが良いかと思います。

 

ただし、セヌールは作りが甘いからか、壊れる可能性があるので注意!

 

逆に、軟こうぬりちゃんは頑丈で、ヘッドを回転させると孫の手にもなるので、二つの意味で”かゆいところに手が届きます!

 

一長一短があって、どっちが優れているというわけじゃないので、これはお好みで選ばれるのが良いんじゃないかと思います。

 

塗れない部分がでてくると、ジッテプラスの本来の効果を得にくくなりますし、逆に塗りムラができると、服を着たときベタつきが残って不快な思いをすると思います。

 

あなたに合う塗り方を見つけて、効率よく背中ニキビを抑えられればと思います(^^*)